ram's bar

自他共に認める『ストウブ狂』が綴る。 今日の晩酌。今日のごはん。そしてあれこれ。

Category  粉モノ


 019

手打・・・たない!『フェットチーネ・コン・スピナーチ』 

★☆☆ 調理時間60分 フードプロセッサー使用



材料(2人分)

◇ほうれん草 50g

◇強力粉 100g

◇塩 ひとつまみ

◇水 大さじ1

打ち粉(薄力粉) 適量



下準備

・ほうれん草は適当な長さに切って洗い、耐熱容器(ルクエ可)に入れて

 ラップをふんわり掛け、600Wで2分加熱、ザルにあげて粗熱を取る。



作り方

①◇の材料を全てフープロに入れて、2分程まわす。

003 (2)

 ↑↑↑ これは別のモノの写真ですが・・・こんな感じです。

 普通のチョッパーで大丈夫。勝手にまとまって来ます。

 まとまったらラップに包んで、20~30分程休ませる。

②打ち粉をふった台で①を伸ばし、好きな幅にカットする。

016

017

③そのまま台で少し乾燥させて、適量ずつまとめる。








フープロだけで作る、手打ち不要の自家製生パスタ。

めちゃくちゃ簡単なの!!!

ほうれん草を練り込んだパスタ=フェットチーネ・コン・スピナーチ。

フェットチーネ・・・と言う割には、若干幅が太いですが。そこはご愛敬。

茹で方は普通のパスタと一緒。

お湯に塩入れて、パスタ投入。1~2分で茹で上がります。

008

今回はシンプルに、ニンニクと細かく刻んだベーコンを入れて、

パルメザンチーズと胡椒たっぷりのオイルパスタ:カチョエペペにしました。

トマトソースでもチーズソースでも、相性は良いですよ。

生パスタならではのもちもち食感、お家でも簡単に出来ちゃうんだからー。

是非お試しを。








ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ










麺は冷凍可能、茹でる時も解凍不要で冷凍のまま茹でちゃってOK。











  ↑ぽちっと登録。せんきゅー!↑











































青のりポテトニョッキ ★☆☆ 調理時間50分




材料(作りやすい分量)

じゃが芋 200g(皮を剥いたもの)

塩 2つまみ

青のり 大さじ1

強力粉 50g

薄力粉(打ち粉用) 適量






作り方

①じゃが芋はひと口大に切り、電子レンジ(600W)で5分加熱し、柔らかくする。

②①をフードプロセッサーに入れ、塩を入れてまわす。




③②へ青のりと強力粉を入れて、ひとまとまりになるまでまわす。

 ひとまとまりになったらラップにくるんで、冷蔵庫で15~20分程休ませる。










④③を打ち粉した台で適当な大きさに分けて丸め、フォークで軽く潰す。









乾物イタリアンの料理レシピ
乾物イタリアンの料理レシピ









食せるところまでUPしようと思ったけど。

ちょっと工程が多くなっちゃうので、とりあえずニョッキのみを。

青のり×じゃが芋、日本人の魂を揺さぶりますよ。

だってね。香りがね。



ポテトチップスのりしお。



間違いない。笑。

ニョッキはこのまま冷凍OK。

我が家はこの分量で2人前×2回分。

美味しいソースでちゃんとイタリアンにして食べますよ。













ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村














茹で方はパスタ同様、塩を入れたお湯に入れて。

浮いてきたら20~30秒でザルにあげればOK。

以前のニョッキレシピでは1分と書いてますが。20~30秒で十分です。)

冷凍したもは、冷凍のまま茹でてOK。












雑穀フォカッチャ ★☆☆ 調理時間3~4時間




材料(作りやすい分量)

ふだんの雑穀 1袋(30g) コレ↓↓↓ね。




◇水 190cc

◇ドライイースト 小さじ1(赤サフ使用)

◎強力粉 300g

◎きび砂糖 大さじ1

◎塩 小さじ1/2

オリーブ油 大さじ1(生地用)

オリーブ油 大さじ2(焼き用)




下準備

・耐熱容器に雑穀をあけ、お湯(分量外)を注ぎ10分ほど置く。

 ザルにあげる。




・◇を混ぜあわせる。◎を混ぜ合わせる。






作り方

①◎へ◇を入れ、捏ねる。(手捏ねでもHBでも、お好きなやり方で。)

 生地用のオリーブ油と雑穀を加え更に混ぜる。

 乾燥しないように濡れ布巾等を掛けて、2倍になるまで一次発酵させる。

 ちなみに私はフープロ捏ね(?)なので、こんな↓↓↓感じ。

 


↓ 発酵 ↓




②一次発酵が終わったら、ガス抜きをして、濡れ布巾を掛けてベンチタイム10分。

 好きな形に成形して、2次発酵させる。オーブンを250度に余熱する。

③2次発酵が完了したら、焼き用のオリーブ油を表面に塗り、指で何カ所か穴をあける。

 オーブンの温度を230度に下げて、18~20分焼く。

 ちなみに私は今回、20cm角のスクエア型で焼きました。




※成形サイズやオーブンによって、焼き温度・焼き時間異なります。

 ご自身の経験と、オーブンの取説に従って、焼成してください。

 当方、責任は負いかねますので・・・





乾物イタリアンの料理レシピ
乾物イタリアンの料理レシピ








外カリッ!中ふわもっちり!なフォッカッチャ。

大きく焼いた方が私は好き。

雑穀が良いアクセントになっていて、うんまいですよ❤




そのままでも良いし、お料理に添えたり、サンドにしても良いよねー。

雑穀入りで食感も楽しく。

美味しいの出来たー♪












ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村













これにワインがあれば、他には何もいらない。








シナモンカオル『南瓜ニョッキ』 ★☆☆ 調理時間50分




材料(作り易い分量)

南瓜(種とワタを取って) 1/4個(約200g)

塩 ふたつまみ

GABANシナモンパウダー 1g

強力粉 50g

薄力粉(打ち粉用) 適量





作り方

①南瓜はひと口大に切り、電子レンジ(600W)で5分加熱し、柔らかくする。

②①をフードプロセッサーに入れ、塩とシナモンパウダーを入れてまわす。



③②へ強力粉を入れて、ひとまとまりになるまでまわす。

 ひとまとまりになったらラップにくるんで、冷蔵庫で15~20分程休ませる。







④③を打ち粉した台で適当な大きさに分けて丸め、フォークで軽く潰す。







ハロウィンの料理レシピ
ハロウィンの料理レシピ  スパイスレシピ検索






宿題、宿題!汗。

今月のお題は『子供も大人も盛り上がる!おうちでハロウィン』ですよ。

ハロウィン・・・盛り上がる風習がないわ、ウチ。

そうは言ってもね。

旬の南瓜でハロウィン気分を楽しみましょ、ってことで。

シナモンを効かせたニョッキを作成。

緑の転々は南瓜の皮。

皮ごと使って、旨味も栄養価もUP↑UP↑。

ニョッキはこのまま冷凍保存OK。

茹でてオリーブオイルやバターを絡めるだけでもうめーのよ。

我が家は・・・ちょっと大人なソースで楽しみますよ。むふふ。












ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。
















ちなみに茹で方。

パスタを茹でる時同様、お湯には塩を入れて。

ニョッキを入れて、浮いてきたら、更に1分加熱してザルにあげる。

ほぼ南瓜なので、茹で過ぎると煮崩れしちゃうから注意ね。






ばっくりクープを期待してたんだけどな…


{20161251-9DBF-4A1E-87D5-AF3B41310986:01}



オーバルのバヌトンが欲しい…

はい、形から入るタイプです。