ram's bar

自他共に認める『ストウブ狂』が綴る。 今日の晩酌。今日のごはん。そしてあれこれ。

Category+旅ごはん


2017夏 BANGKOK 1日目

2017夏 BANGKOK 2日目前半

2017夏 BANGKOK 2日目後半

2017夏 BANGKOK 3日目前半

2017夏 BANGKOK 3日目後半

2017夏 BANGKOK 4日目前半

2017夏 BANGKOK 4日目後半




長々と綴ってまいりました、2017夏@BANGKOK。

ようやく最終回です。

最終日は帰国の途につくだけなので、特筆事項はないんですが。

とりあえず朝起きて、ビール飲んで、朝ごはん。

IMG_6294

洋食や和食に極力浮気することなく、ローカルフード食べました。

毎日食べても飽きないフォー。

IMG_6297

食べ収めかと思うと、少し悲しい。

行く前から楽しみにしていたマンゴーは旬が過ぎていて。

已む無くライチとか。

IMG_6298

パッションフルーツ食べました。

IMG_6299

私、普段フルーツを全く食べないのでね。←果物より野菜が好き。

食べなれないモノを食べたせいか、お腹がゴロゴロしました。

そうこうしているうちに迎えの車が来まして。

朝のラッシュ時間は過ぎていたため、スムーズに空港に到着。

飛行機の時間まで3時間以上ありますけど・・・

どうする?何する?

とりあえず・・・

IMG_6300

       /飲む!\

飲むこと以外やることないんですかね、この夫婦は。

携帯いじりながら時間を潰して。

残ったバーツでお土産買ったりして。

気が付けば飛行機の中。

IMG_6303

玄米煎餅つまんで、またビール飲んで。

ローガンでヒュー・ジャックマンに萌え萌えしていたら、

機内食が配られましたよ。

ポークシチューみたいなヤツと。

IMG_6308

ガパオみたいなヤツ。

IMG_6309

赤過ぎるお蕎麦は紫蘇風味。

IMG_6310

もそもそでひとくちでギブ。

もうひとつの小鉢(?)、ソムタム。

IMG_6311

これは美味しかったー!

と言うか、旅から戻ってから、ずっとソムタムロスです。

ソムタム食べたいー。

ローガンを涙で観終え、その後にレゴ・バットマンも観て。

全く寝ることなく、無事日本へ帰ってきました。





安くて美味しいごはんにムエタイ、世界遺産まで満喫。

楽しい楽しい夏休みでしたー。

IMG_6312

長々と旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。







ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキング







   


早すぎる夏休みを終えて。

この夏、何を楽しみに生きれば良いのやら・・・









  ↑ぽちっと登録。せんきゅー!↑






で。

番外編。←ちょっと忘れてた。汗。

今回の旅行で、役に立ったものをご紹介しておこうかと。

先ずはコレ。

IMG_6428

     /バックフック。\

なんだか懐かしい感じしない?

数年前にめっちゃ流行った気がするけども。

最近何となく持ち歩いていて、旅行にも持って行ったんだけど。

フードコートで食事をする時にも大活躍だったし。

シュールなトイレ事情だった観光先でも、何度か助けられました。

(ドアの上部とかに引っ掛けて使ったよ。)

ツアーの移動中にも。

IMG_6235

前の座席の手すりに引っ掛けたり出来て便利でした。

100均で買えるし、かさばらないし、ひとつあるとかなり便利。

続きまして。

IMG_6434

     /フットレスト。\

何コレ?って感じでしょうが。

飛行機のテーブルに引っ掛けて、足をのせるヤツなの。

IMG_6301

ファーストクラスやビジネスクラスにしか乗らないわ、って方には

全く縁のないモノではありますが。

我が家のように、エコノミークラスで移動する小市民には、

とっても強い味方なのです!

足を高い位置でキープ出来るので、浮腫みや疲れが全然違う!

エコノミークラス症候群対策にも、これは本当にオススメ。

ちなみに折り畳むとこんな感じ。

IMG_6432

扇子と比較しても、そんなに大きくないことが分かるかと。

付属の袋に入れて、持ち運びも楽々。

楽天で1,000円で買いました。

そして最後に。

IMG_6437

  /ユニクロのパーカ。\

使用感半端ないですが。

ユニクロのエアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ。

これが本当に優秀でね。

サラッとしていて通気性が良く、洗ってもすぐ乾く。

ジップを上まで全部上げると、アゴ下までガードしてくれるので。

IMG_6440

首やデコルテも日焼け知らず。

袖先にはサムホールがあるので、親指を通せば。

IMG_6442

手の甲までしっかりガード。

白なのでUVカット効果が不安でしたが、滞在中、腕にも首にも

一度も日焼け止めを塗ることなく過ごしたけど。


全然焼けなかった。※個人比。 


パーカーから出た指先部分は日焼けしてたので、効果アリかと。

私は期間限定の時に、1,290円+税で買いました。

このパーカ、最近は買い物行く時なんかに普通に着てます。

そしてお揃いの人によく会います。

期間限定でお安い時に、もう1枚買い足す予定。




以上、番外編でした。

これにてバンコク旅行記、完全終了。

旅行記のコメ欄はフルオープンしてますので、ご質問等あれば、

遠慮なくお気軽にどうぞー。

分かる範囲でお答え出来ればと思ってます。
















































2017夏 BANGKOK 1日目

2017夏 BANGKOK 2日目前半

2017夏 BANGKOK 2日目後半

2017夏 BANGKOK 3日目前半

2017夏 BANGKOK 3日目後半

2017夏 BANGKOK 4日目前半





ランチビールを満喫し、事故の傷が生々しい車に乗り換えて。

午後は1991年に世界遺産登録されたアユタヤの観光ですよ。

バンコク市内から車に揺られること1時間半程。

(もちろん車内では爆睡。)

ワットヤイチャイモンコンからスタート。

IMG_6236

タイはどうやらこの寝姿が好きらしいね。

黄色い布は、以前は金が施されていたとのことで、

世界遺産的に修繕しちゃダメらしく、金の代わりに布、とのこと。

IMG_6237

ワットポーの寝釈迦仏の圧倒的な大きさと比べると・・・

比べてはいけないレベルですが。

IMG_6238

穏やかな微笑みを浮かべておりますよ。

奥へ進むと。

IMG_6239

塔が立ってました。←ざっくりだな。

IMG_6242

皆さん元気に塔の上の方まで上ってました。

ここから5分程車で移動して、エレファントビレッジへ。

IMG_6258

象さん、待機中。

我が家はエレファントライドは不要でツアー予約してたけど、

他の4組は皆さんエレファントライド申込してたのでね。

皆さんが象さんと戯れている間。

IMG_6246

とりあえず写真撮ったり。

IMG_6255

このオブジェの意味を考えたりしてました。

ちなみにここ、エレファントビレッジでは虎と一緒に写真が撮れます。

IMG_6248②

       /がおっ。\

モザイク多めで失礼します。

ひとり100バーツ、携帯でもカメラでも撮ってくれますが、

オニイサンのタイミングでパシャパシャ撮るので、

出来上がりの写真は期待しない方がよろしいかと。

そうこうしている間に、ライド組が無事生還したので次の場所へ。

移動中、ライド組に『どうだった?』と聞いてみたら。


写真をお願いしたらチップを要求され。

20バーツ渡したら、もっと、と言われ。

カメラを返して貰う時にもチップを要求され。

象から降りる時にもチップを要求され。

チップを断ったら、キーホルダーを買えと言われ。


『なんだかなぁ。』


と言うてました。

そもそも乗るのに350バーツ支払っているのに、と。

エレファントビレッジでは、小銭が多めに必要なようです。

(ちなみにトイレも有料でした。ひとり5バーツ。)

さてさてお次は。

IMG_6262

ワットマハタートへ。

ここには有名なアレがありますよ。

IMG_6270

     /コレ。\

ビルマ軍の侵略により、切り落とされた仏像の頭が、

樹木の中に埋まってしまった、というもの。

もう少し大きいモノを想像してたけど、意外にもそう大きくはなく。

IMG_6271

でもその表情は悲し気と言うか、恨めし気と言うか。

心がザワザワとする、ちょっと落ち着かないものでした。

首を落とされている仏像は他にも沢山あってね。



IMG_6273

こんな注意看板が出ているほどでした。

IMG_6275

続いて、ワットプラシーサンペットへ。

IMG_6277

その昔、3人の王様の遺骨が納められていたそうです。

この辺から写真をあまり撮ってなくてね。

どうやら私、


飽きてたみたい。


罰当たりな。

そして最後、ワットローカヤスターへ。

IMG_6279

こちら、屋外で野ざらし。

金の代わりの黄色い布も、下にずり落ちてしまってますが。

IMG_6283

当の本人は気にする様子もなく、おだやかーな笑みを浮かべてます。

なんだかホッとするお顔でした。

これにてアユタヤ観光も終了。

渋滞にはまりつつ、20時前くらいにホテルへ帰り着きました。

そしてそのままターミナル21へ。

IMG_6291

タイでの最後の夜ごはん。

彼セレクトのあんかけ焼きそば。47バーツ。

IMG_6290

タレが甘めで、海鮮が柔らかくてうんまい。

そして私セレクト、絶対食べたかったラープ。40バーツ。

IMG_6288

挽肉と野菜のサラダ。

ピリ辛でごはんにかけたくなるタイプでした。

そしてもう1品、悩んできのこのサラダ。35バーツ。

IMG_6289

注文してから、オバチャンがささっときのこを茹でて、和えて。

結構辛くて、ビールを欲しました。

滞在中、高いモノはひとつも食べていませんが。

安くて美味しいモノは沢山食べましたー。満足。満足。





で。

この4日目、まるっと1日観光で特筆しておきたいこと。それは。


観光地トイレ事情。


ホテルやバンコク市内のトイレは、当然何の問題もないんですが。

午前中に行ったココナッツ加工工場や水上マーケット

そして午後のアユタヤのあちこち。


有料。


入口にオバチャンが待機していて、ひとり5~10バーツ、チップが必要。

有料だからと言って、めっちゃ清潔!なワケでもないです。

そして。


紙がない。


ある場所もある。けど期待しない方が良い。

なんなら水洗じゃない場所も多く、トイレの隅に水が貯めてあって、

手桶が付いていて、それで汲んで流す、なんてところも。


フックがない。


日本のトイレではお馴染みの、鞄なんかを掛けれるフック。

当然ないです。

そして、一番辛かったのが。


座れない。


便器の形は所謂『洋式』なんですが。

色んな意味で、座れません。と言うか、座りたくない。

中腰の空気椅子状態で用を足してました。

ガラスの腰の私、いつギックリ腰になるか、毎回ヒヤヒヤでした。

全てのトイレが、というワケではないのですが。

トイレに関しては、相当な覚悟が必要です。








ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキング







   


最終回へ続く。









  ↑ぽちっと登録。せんきゅー!↑


















2017夏 BANGKOK 1日目

2017夏 BANGKOK 2日目前半

2017夏 BANGKOK 2日目後半

2017夏 BANGKOK 3日目前半

2017夏 BANGKOK 3日目後半




21時に寝落ちして、5時前に覚醒した4日目。

この日はまるっと1日、ツアーを申し込んでまして。

ホテルロビー集合が6時半だったので、早々に身支度を整えて、

猛烈ダッシュで朝ごはん。

IMG_6202

この日はヒラヒラ幅広麺のフォー。

朝からがっつり食べまして。

IMG_6204

パパッと歯磨きを終えて、6時半の集合に間に合いました。

この日のツアーは2人×5組、総勢10名で。

ガイドさん(ザブングル悔しい方似)は現れるも、車が来ない。

30分程待ったところで。

『クルマガジュウタイシテマース。

 トナリノマクドナルドデオチャシマース。

 オカネカイシャダスノデ、スキナノタベテノンデー。』

どうやらツアーの車が渋滞にはまってしまったらしく。

ツアー会社の奢りで、マックでコーヒー啜ってましたらば。

『ミナサンスマセーン。

 クルマブツケラレタ。

 カワリノクルマクル、8ジサイシュウゴウ。

 スマセーン。スマセーン。』

・・・

・・・

・・・


クルマブツケラレタ?


渋滞にはまったツアーの車、どうやら事故ったらしく。

代わりの車が来るので、一旦解散で8時再集合とのこと。

幸い集合場所が泊まっているホテルのロビーだったので、

一旦部屋に戻り、テレビ見たり、ビール飲んだり。←え?

8時に再集合すると、代わりの車が到着。

ツアー参加者全員皆さん大人で、誰一人怒ることもなく、

1時半遅れスタートにもかかわらず、何事もなかったかのように出発。

先ずはココナッツ加工工場らしきところへ。

IMG_6207

ココナッツを収穫して、実を削ったり、オイルを煮詰めたり。

ささっと見学して、お土産売り場もちょこっと冷やかして。

IMG_6206

バンコクのお土産屋さんの特徴はね。


値札が付いてない。


どれもこれも、お店の人の言い値。

値切り必須。

(ま、ここでも何も買ってないけども。)

大量のココナッツの殻も記念にパチリ。

IMG_6208

サクッと移動しまして、楽しみにしていた水上マーケット体験へ。

IMG_6210

モーター付きボート(?)に乗りますよ。

我が家が乗ったのはコレ。

IMG_6212

『カワノミズ、チャイロハキレイ。クロハキタナイ。コノカワキレイ。

 ハミガキスル。ミズアビスル。センタクスル。』

色の解釈も国それぞれですな。

モーターボートに乗り込みまして。

IMG_6214

ぶいーーーん、と音を立てながら、結構なスピードで進みます。

ライフジャケットは・・・

IMG_6221

着ないで見ているだけで良い模様。

目を開けていられない程のスピードだったので、途中でサングラス着用。

5分程度?と思っていたら、随分な距離を移動しまして。

15分程乗っていたのではないでしょうか。

IMG_6224

お土産屋さんが増えてきた辺りに終着点がありました。

実際、お土産屋さんを利用するには、手漕ぎボート(別料金)に

乗り換える必要があり、その時間ももちろんたっぷりありましたが。

『乗らなくて良いんじゃない。』と、彼の一言で、あっさり終了。

IMG_6226

ツアー参加者の3組は手漕ぎボートに向かいまして。

その間我が家は。

IMG_6227

      /命の水。\

暑くて暑くて、とにかく暑くて。

スーパーの倍以上の値段(80バーツ)でしたが、即決でした。

水上には色んなお店のオバチャンがスタンバイ。

IMG_6228

手漕ぎボートにプロパンガスのタンク乗っけて、

パッタイをその場で作って売っているオバチャンがいました。

灼熱の下に放置された生卵・・・不安しかない。

手漕ぎボートチームも無事帰還。

ツアーでご一緒のご婦人に『どうでした?』と伺ったところ、

『乗った瞬間にビール出されて!200バーツって!ぼったくり!

 でも飲んじゃったー。わはははは。』とのこと。

・・・我が家が飲んだビールが80バーツだったことは黙っておこう。

ここからまたバンコク市内に戻りまして。

ランチはビュッフェです。

IMG_6232

品数は少な目、彼が取ってきてくれました。

ここのフォーは・・・

IMG_6231

イマイチでした。←正直者。

で、当然のことながら、ドリンクは別料金なんですが。

『アサシュパツオクレタカラー。

 ノミモノカイシャハライマース。

 スキナノノンデー。ドンドンタノンデー。』

出発時間が遅れたので、ツアー会社がお詫びに払います、と。

あらまあ、別に良いのにねぇ。

IMG_6229

     /ゴチになります!\

遠慮なくビールを頂きましたけどね。

フルーツはコバエホイホイ状態で食べれたもんじゃなかったので。

今タイで流行っているらしいスイーツも食べてみました。

IMG_6233

ココナッツ風味の、オープン餃子的なモノ。

オレンジ色のはエビの卵らしいんですが。

ただただ甘かった・・・

1時間程でランチを終えて、午後のツアーへ出発。

と、ガイドさんが。

『クルマカワリマース。

 カイシャノクルマキマシタノデ、ソチノリマスー。』

午前中の車はどうやら急遽レンタルしていたものらしく。

午後からはツアー会社の車になるとのこと。

で、その車は・・・

img1499988973453

     /ブツケラレタヤーツ。\

出来立てホヤホヤの傷が、生々しかった・・・









ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキング










4日目後半へ続く。









  ↑ぽちっと登録。せんきゅー!↑



















2017夏 BANGKOK 1日目

2017夏 BANGKOK 2日目前半

2017夏 BANGKOK 2日目後半

2017夏 BANGKOK 3日目前半




念願のワットポーを後に、カオサンロードへ向かいますよ。

カオサンロードは"バックパッカーの聖地"と言われていて、

安いお宿やこじゃれたバーなんかがあるらしいのですが。


バックパッカーじゃないし。

宿、取ってあるし。


何故行く?って話なんですけども。

行ってみたい、見てみたい、そんな感じです。

IMG_6190

地図を見る限り、そんな複雑でもなさそうだし。

とりあえず歩き始める。

するとすぐに、客待ちをしているタクシーやトゥクトゥクの

運転手さん達の客引きに合う。

『コンニチハー。』

『ドコイクノー?』

残念ながら、こちらはタクシーにもトゥクトゥクにも乗る気はないのでね。

汗ダラダラ、タオルを首に巻いて、ひたすら歩く。

冷たい水は途中でぬるま湯に変わり、それでも歩く。

歩く。歩く。歩く。


・・・道合ってる?


度々襲い来る不安、交通整備しているオジサンなんかに尋ねつつ。

15分くらいで到着する想定でしたが。

30分は歩いたよね。灼熱地獄を。

そしてなんとか。

IMG_6194

     /サワディーカー!\

途中コンビニで涼んだり、水分補給したりしながら、ようやく到着。

"バックパッカーの聖地"だけあり、大きなリュックを背負った観光客が

あちらこちらに見えますよ。

IMG_6195

怪しいオーダースーツのお店とか、お土産屋さんとか。

300m程の通りを、行って、戻って。


終了。ちーん。


たいして欲しいものもないし。

暑すぎて食欲もないし。

歩いて歩いて、到着しただけですっかり満足してしまったふたり。

再び船と電車を乗り継いで、ホテルに戻ることに。

ランチタイムも過ぎてるし、食べてから戻ろうか、と彼が言ったんだけど。


シャワーしたい。

ビール飲みたい。

飲みながら食べたい。



ワガママ炸裂。

毎度毎度のターミナル21のフードコートへ行きまして。

IMG_6196

     /テイクアウト。\

シャワーを浴びて、すっきりさっぱり。

キンキンヒエヒエビールで乾杯して。

IMG_6201

ささ、食べましょ、食べましょ。

この日のラインナップは。

IMG_6199

何麺だか分からないけど、叉焼が乗った焼きそば。

40バーツ+テイクアウト代5バーツ。

2日目のランチにも食べたフライドチキンのサラダ。

IMG_6197

40+5バーツ。

そしてまたまた焼きそば。目玉焼きトッピング。

IMG_6198

42+5バーツ。

そしてこれまた2日目にも食べた、豚肉トロトロに煮たモノ。

IMG_6200

ごはんなしの肉多め、卵2個、84+5バーツ。

どれもこれも、予想通りビールに合う合う。

3日目にしてようやく、タイ料理×ビールのコラボを楽しみまして。

飲んで。飲んで。飲んで。飲んで。

夜、再びお出かけしようと思っていたのに。

21時には落ちてました・・・









ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキング










4日目へ続く。









  ↑ぽちっと登録。せんきゅー!↑


















2017夏 BANGKOK 1日目

2017夏 BANGKOK 2日目前半

2017夏 BANGKOK 2日目後半




ムエタイで大興奮して、無駄なカロリーを摂取して寝た翌朝。

IMG_6159

      /ハラヘッタ。\

どうしてお腹が空くのかな。

人体の不思議。

私はこの日ももれなく朝フォー。

IMG_6160


そしてぶれない男:T氏、毎度毎度のエゲレス風

IMG_6158

クロワッサンにハムとチーズ挟んで食べてましたよ。

IMG_6162

食後、南国フルーツも食べましたよ。

珍しく。

IMG_6163

で、この日はまるっと1日フリーでして。

近場を散策するも良し。

遠方を攻めてみるも良し。

ってことで。

バンコク市内観光へ出かけてみました。

IMG_6168

バンコク市内の有名観光地は3カ所あるらしいのですが。

(ワットプラケオ・ワットポー・ワットルアン)

我が家の目的はとりあえずワットポー。

BTSのサパーン・タクシン駅まで行き、水上バスに乗り換え。

水上バス乗り場はほぼほぼ観光客で、案内もしっかりしてます。

『ワットポー』と言ったら『ここで降りな』的なことを言われて、

ひとり40バーツをお支払い。

IMG_6169

船に旗が立っていて、観光客は青い旗の船に乗れば

ほぼほぼ間違いなく行きたいところへ行けるらしい。

IMG_6165

途中、ペニンシュラホテルを横目に見ながら。

IMG_6167

旅行検討中、このペニンシュラホテルを予定していたんだけど。

便の悪さで諦めました。

水上バスに揺られること15分くらいかな。

IMG_6170

ワットルアンに到着。

うん、目的地じゃないし。

ちょうど改装中なこともあり、中には入らず。

目的地のワットポーがどこなのかしばしウロウロして。

どうやら対岸らしいことが分かる。←オイ。

水上バスの係の人に聞いて、3.5バーツ払い対岸へ。

なんか分かんないけどワットポー到着。

IMG_6171

暑さでこの辺の記憶が曖昧なんだけど、水上バス降りて、

道路に出て、結構すぐにあったような気がする。

入場料は100バーツ、冷たいお水の引換券付き。

タイの寺院は服装に厳しいことで有名ですが、

入場するだけなら、タンクトップに短パンでもOKです。

建物内に入る時だけ、露出が多い服装は禁止で、

建物入口に係の人がいて、NGの場合は黄緑色のガウンを

渡されるので、それを着ないと中には入れません。

靴は脱ぐので、サンダルだろうがなんだろうが大丈夫。

いざ、建物内へ。

IMG_6173

    /寝釈迦仏。\

金色に輝く寝釈迦仏。しかも巨大。

これが見たかったのー。

角度によって、お顔の表情も違うような。

IMG_6176

って言うかデカイ。

とにかくデカイ。

IMG_6178

頭の先から足の先まで、1枚に収めることは早々に諦めました。

IMG_6179

だって、デカすぎるんだもん。

念願のワットポー、寝釈迦仏は想像を絶するサイズでした。

無料配布の冷たい水で喉を潤しまして。

IMG_6187

ワットポーのお隣にあるワットプラケオに行こうかと思いましたが、

『寺はもういい。』と彼がバチ当たりなことを言うもんですから。

なんとなくその地域にあるらしい、カオサンロードへ行くことに。

(ホント、計画性ゼロ、行き当たりばったりなんです。)

ちなみに地図上だと。

IMG_6190

こんな感じね。←分かりにくいわ。

タクシーかトゥクトゥクで行くのが一番無難な移動方法なんだけど、

如何せん、タイのタクシー&トゥクトゥクは評判が悪い。

値段を交渉して、それでもぼったくられて、何なら目的地ではない

まったく別の場所へ連れていかれる、なんて体験談を見ているので。


歩こう。


選択肢は一択、徒歩。←よっ、小市民!小心者!

そしてこの選択が後々・・・・・・








ランキング参加中。

酔った勢いでぽちっとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキング










3日目後半へ続く。









  ↑ぽちっと登録。せんきゅー!↑